膨らんだ小鼻を小さくすることで印象も大きく変わります

SITEMAP

微笑む女性

小鼻を縮小して、スッキリとした表情に

赤いネイル

鼻は顔の中で一番変わりにくい部分と言われています。ダイエットをして減量することで、顔の脂肪が落ちることにより輪郭がスッキリしたり、目蓋の腫れぼったさが取れて一重が二重になる可能性があったりしますが、鼻だけはなかなか変化が現われません。
小鼻が大きく膨らんでいる状態、いわゆる「だんご鼻」だけが回りの変化から取り残されて、目立ってしまう方もいます。鼻を高くすることで小鼻を小さくみせるための美容器具もありますが、効果はそれほどあるものではなく、鼻の中に装着するタイプの矯正器も長時間装着しているとうっ血してしまい鼻を痛めてしまうこともあります。
確実な小鼻の小さくするには、やはり美容整形の「小鼻縮小」です。比較的軽度の小鼻の広がりを小さくするには「内側法」という鼻の内側の皮膚を少し切り取って縫い合わせることにより小さくさせる手術で、重度の小鼻の広がりを縮小するには「外側法」という小鼻のキワから内側にかけての皮膚を切り取って縫い合わせることで縮小させる手術です。
手術時間は約1時間程で、手術後の腫れは少なく、術後の傷が落ち着くまでにかかる日数は長くて1週間ほどですので、比較的負担の少ない手術と言えます。持続性は半永久的です。手術は自分の身体にメスを入れることであり、勇気と覚悟が要ります。
丁寧なカウンセリングと術後のアフターケアをしっかりとしてくれる美容外科を選びましょう。

鼻の形が気になるなら鼻翼縮小術がおすすめ

鼻を高くする整形手術やプチ整形は一般にも広く知られていますが、中には鼻が横に広がりすぎていて格好が悪いと悩んでいる方もいらっしゃいます。
今回は、鼻の形を細くすることのできる鼻翼縮小という整形手法についてご説明します。鼻翼縮小というのは、小鼻を一部切り取って再度接合し、小鼻を小さくする手術のことです。
実際に切り取るわけですから、施術後数年経つと元に戻ってしまうという心配はありません。もちろん説明だけを聞くと、「大がかりな手術なのではないか」とか「失敗するリスクがあるのでは」などと多くの不安を感じる方もおられるかもしません。手術が大がかりかどうかというと、そこまで大がかりではありません。
大抵は数十分で終わる手術ですから、当日に帰ることができます。失敗するリスクですが、確かに最初から小鼻を小さくするために大きく切り取る方法を取ると、イメージどおりにならなかった場合に元に戻せないというリスクはあります。
ただし初回は小さく切り取り、様子を見るというスタンスなら、変化は小さいですが失敗のリスクも最小限にとどめられます。もちろん手術直後は数日間から数週間ほど腫れは続きますから、マスクなどを着用して生活する必要はあるかもしれません。鼻翼縮小術は術後の仕上がりも自然ですし、効果も永続しますから、鼻の形で悩んでおられる方にはぜひ一度専門のクリニックを訪れて相談してみることをおすすめします。

間接的に小鼻をスッキリさせる方法をご紹介

日本人は顔のパーツのうち鼻の形が特に不格好だと言われいます。「もっと小鼻が小さくあれば…」とコンプレックスを感じている方も多いのではないでしょうか?小鼻を実際に小さくする美容整形の方法は現在複数ありますが、基本的に切開を伴うものがほとんどで、美容整形に慣れていない方にとってはためらわれる部分もあります。
そこで今回お話ししたいのは、実際に小鼻の形を直接変えなくても間接的に小鼻をスッキリさせる方法があるということです。鼻筋を高く小さくするという方法です。鼻筋を高くすると、鼻全体が鼻の頂点を中心に引き上げられた形となり、必然的に小鼻のふくらみも若干抑えられ、鼻の形が全体的にシャープになります。
では鼻筋を高くする美容整形としてどんな方法があるでしょうか。広く普及しているのは鼻筋にヒアルロン酸を注入する方法です。クリニックに行った当日に施術してもらうことができますし、効果もすぐに表れます。そのうえ料金も5万円程度と安いので、かなり手軽に行えます。
もっともヒアルロン酸には効果が長期的には持続しないという弱点がありますので、それを補う方法としてアクアミドを注入するという方法もあります。こちらも大抵は10万円~20万円ほどで施術してもらえます。
鼻筋を高くすると、小鼻も小さく美しく見えますし、実際に鼻全体がスッキリした印象を与えるようになりますから、手始めにこの方法を試してみるのは賢明な方法と言えるでしょう。

小鼻を小さくしたいなら整形手術を検討しよう

鼻の形というものは、人によって様々な個性があります。「わし鼻」「団子鼻」「豚鼻」「ローマ鼻」など名称も沢山あります。それぞれに味があり、個性のひとつだと言えますが、美しさに意識の高い女子にはとても気にするパーツでもあります。雑誌に載るモデルは、みんな鼻筋が通った小鼻が小さく整った人ばかりです。それに比べて自分の小鼻は小さくない、いまいちとコンプレックスに感じる人は少なくありません。そこで、小鼻修正手術を受ける人が近年増えてきています。鼻修正手術の種類はたくさんあります。 鼻の表情は人それぞれですので、理想の鼻にするための鼻修正手術にも様々な種類があります。実際には医師とのカウンセリングを通して最適な施術を選択するのですが、ここでは代表的施術を紹介します。まずは隆鼻術という手術方法です。半永久的に鼻を高くしたいという方には隆鼻術がオススメです。この施術では、鼻筋にプロテーゼを挿入して、理想的な鼻筋を形成します。 心配な点は鼻筋に傷が残らないかという点ですが、鼻の内側から手術するので傷跡は見えないため安心です。次に隆鼻注射です。この施術では、鼻筋にヒアルロン酸を注入することで、一時的に鼻筋を高くします。1~2年でメンテナンスが必要になってきますが、簡単な施術で自然で美しい鼻が手に入るので、人気のあるプチ整形です。最後に鼻翼縮小手術です。鼻の穴が大きいのが気になる人はこの手術です。この施術では、鼻翼を数ミリカットすることで鼻の穴を狭くして、小さくすることが出来ます。

小鼻を小さくする手術の種類について

鼻の印象を変えるには、鼻を高くすることよりも小鼻を小さく見せた方が効果的であると言われています。小鼻を縮小する美容整形の代表手術として「小鼻縮小術」がありますが、さまざまな小鼻のタイプに合わせた最適な施術方法があります。鼻の施術の中でもっとも医師の技術力に差が出てしまうので、どの先生に手術をしてもらうのかを見極めることが重要と言えます。小鼻縮小術には6種類あります。小鼻縮小術「内側法」「外側法」「頭側法」切らない小鼻縮小術として糸や注射で行う施術法、「小鼻拳上術」「鼻孔縁拳上術」が挙げられます。その中で、代表的なのが「内側法」と「外側法」の2つになりますが、小鼻の横軸方向を小さくする美容整形です。その他の「頭側法」「小鼻拳上術」「鼻孔縁拳上術」は小鼻の縦軸を小さくする美容整形です。手術をする勇気がない人には糸や注射による、切らない小鼻縮小術がおススメです。切らない方法は糸で結んで小鼻を引き締める方法と注射で小鼻を引き締める方法がありますが切らない方法のデメリットは永久的な効果が期待できないことです。どの方法が適してるのかは悩みや鼻の特徴によって違うので、最適な手術方法も人によって異なるのです。


鼻を小さく縮小してすっきりした顔立ちにするなら小鼻は小さくできます!コムロ美容外科クリニックのサイトをまずはご覧ください。専門医が適切な手術であなたの鼻を小さくしてくれるので、すぐにすっきりした顔立ちに変身できます。

PICK UP

POST LIST

TOP